*「○○といえば私」。「○○コーディネーター」など、考えに考え抜いたその肩書き、他人に真似されたくないですよね?

 

*思い入れの強い商品名、勝手に真似するなんて許せないですよね?

 

オリジナルだと思っていたら、先に使っている人がいたなんて・・・

 

商標って、どうやって使うの?

 

  こんなときはご相談ください。

  北摂国際特許事務所は、あなたのブランドを大切に守り、

大きく育てるよう、戦略的な商標をご提案します!

そうなんです。あなたが最も誤解しやすいこと。それは、商標はブランドを守るものであって、ブランドを作るものではないこと。意識的に誤解させるような表現を使う弁理士、コンサルタントが多いために、多くの方が誤解していることなんです。「商標でブランディング」なんていうのがまやかしであることなんて、これで明らかですよね。

 

もちろん、商標を使用し続けることで、ブランド化を進めることはできます。そうして得た信用をいかにして守るか、これが商標の本来の目的です。

 

商品やサービスの名前の信用を守る方法

 

他人に名前を真似されない方法

 

商標を活用してお金を作る方法

 

海外でもブランド力を守る方法

  

他人との争いに巻き込まれない方法  

 

 

そのほかにも、商標やロゴに関するご相談はこちらの「MAIL DOCTOR」からお気軽に!!。