もし、他人が、あなたに無断であなたの登録商標を使用していることに気がついたら、あなたは「商標権」という法律上の権利に基づいて、他人の使用をやめさせることができます。

 例えば、使用をやめるよう促す警告状を送ったり、他人の使用によってあなたが受けた損害を弁償するように相手に求めたりすることができます。それでも相手が使用をやめない場合は、裁判によって解決することもできます。

 でも、最初から悪意ある相手である場合、模倣を簡単に止めてはくれません。つまり、相手に悪意を持たせない工夫も考えておく必要があります。ビジネスにおいては、相手を叩き伏せるだけが喧嘩ではないのです。 

 信用のただ乗りでお困りのことがあれば、こちらからご相談ください。