商標権は、商標権者だけが登録商標を使用して商品やサービスを提供する権利です。

他人が無断で登録商標を使用した場合には、商標権の侵害行為があったとみなして警告状を送ったり、他人の使用が悪質な場合には損害賠償を請求することが法律上認められています。

全く同じ商標だけでなく、似ている商標を使用した場合にも商標権の侵害とみなされることがあります。また、同じ商標でも、権利で指定されている商品やサービスとは全く似ていない別の商品やサービスに使用した場合には、侵害になりません(一部例外もあります)。

 

ここでは、侵害問題に巻き込まれた場合の対処法、また、巻き込まれないための防衛法をお話します。