・調査から出願まで

 

 あなたのブランドの価値を高める商標にするためには、出願前調査・検討は特に重要です。

 例えば、商標登録出願するということは、仮に自分が実際に使用する商標と似ている商標に関する商標権者がいた場合、ライバルの登場を宣言するようなもの。商標権を取得できなかった場合には、使用して事業が順調になった途端に警告されるでしょう。とても大きなリスクを背負い込むことになります。

 

 つまり、出願したがためにリスクを背負い込む。これでは、本末転倒ですよね。ですから、出願時には、庁の対応を含めて事前に十二分な対応方針を固めて臨む必要があります。

 

 特許出願とは、ここが大きく異なります。特許出願の経験しかない弁理士だと、この違いを理解できていません。二言目には「早く出願してください」、とせかしてきます。でも、事前調査なしだと、真っ暗やみの中を船出するようなもの。きちんと手順は踏みましょう!

 

 また、事前調査を徹底することで、よりオリジナル性が高い商標を見つけることも可能です。当然、他人の目にとまりやすくなりますから、結果としてライセンス契約へ結びつきやすく、利益をもたらす源泉にもなります。資産価値が高まるということです。

 

 出願前の調査を丁寧に行うことで、確実に登録され、登録後も利用価値の高い商標を申請しましょう。出願時の調査・検討・手続のご依頼はこちらまで。