北摂国際特許事務所

あなたのご相談は、私たち2人の弁理士が解決します。

    

 

代表弁理士 福永正也

1961年生まれ。大阪大学工学部卒業。

 2006年に特許事務所を開業し、まったくの顧客数0(ゼロ)から6年間で51社の新規クライアントを開拓。開拓過程で「人との対話からしか信頼を得ることはできない」という当たり前のことを痛感し、企業勤務時の労働組合設立経験から体得したコミュニケーション術に基づいた「人との対話術」を体系化、誰でもすぐに活用できるノウハウとして確立する。
 また、対話術を活用して、クライアントが自ら気づいていない強み、あるいは発明の種を引きずり出し、形にすることで、ブランド化の推進、知的資産経営の支援等に注力している。

 

弁理士 森 收平

1949年生まれ。名古屋工業大学工業化学科卒業。
大学での研究生活で染色化学等を学んだ後、民間企業で繊維加工学の研究・開発に17年間携わる。2000年の弁理士試験合格以来、知的財産価値評価一筋に調査・研究を進め、民間企業に勤務している時期における研究・開発・技術営業・知財管理等の経験に基づき、知的財産の価値を、目的に応じて精緻に評価するノウハウを確立する。

 また、知的資産経営評価書における知的財産の価値評価にも適用可能なように、評価手法に随時改良を加えている。日本弁理士会知的財産価値評価推進センターの前副センター長。